PINKCLAY SOAP "京都の手作り石けん" 270g


クラフトの紙箱に入った手作り石けんです。3~4個に切り分けてお使いください。

”ナイフでカットする楽しみ”

どーんと大きな手作り石けん。ご自身でお好きな大きさにナイフでカットしてくださいね。手作り石けんは柔らかいので簡単にカットしていただえkます。
きれいなマーブル模様のピンク色は、お肌のくすみを取ってくれるナチュラルな粘土粉。仕上げに京都の純金箔を散らしました。金箔美容パックは、お顔などパックした後は金箔がなくなるまでお肌にこすり馴染ませます。純金は美容にも良いのです。

”効率的な製造で納得価格”

通常の手作り石けん製造時は、大きな塊をカットしてひとつひとつ計量し、カンナをかけて石けんのお肌をきれいに整えます。面取りして、埃がつかないよう細心の注意を払って包装することは、お客様を思って無心に作業する時間です。
でもこの手間と時間、そして大量の削り屑をなんとかすることができれば、お客様にもっとお手頃な価格で品質の良い手作り石けんをお届けできると考えました。イメージは焼きっぱなしのパウンドケーキ。オーブンから出てきたばかりのお菓子のように、作り立ての石けんをお楽しみください。

”Natural蒼の手作り石けんとは”

Natural蒼の手作り石けんは、オリーブオイルをメイン原料とした、しっとり洗い上がるコールドプロセス製法による手作り石けんです。これひとつで洗顔・浴用に、そして洗髪にもお使いいただけるオールマイティな石けんです。コールドプロセス法の石けんは、お肌が乾燥気味の方にも、お子様にも大変おすすめです。

この商品は、宅配便でのお届けです。
送料は地域により異なります。 送料を確認





PINKCLAY SOAP "京都の手作り石けん" 270g

商品番号: S007
単価 : ¥1,480 (消費税込み)
数量 :
在庫個です。



製造販売名: Natural蒼ハンドメイドソープ001
全成分: 石ケン素地(オリーブ油、パーム油、パーム核油、水、水酸化Na、ヒマシ油)、イランイラン花油、オレンジ果皮油、パチョリ油、モンモリロナイト、金
標準重量(枠練石鹸): 270グラム
化粧石鹸コールドプロセス製法 Made in Japan
開封後はお早めにお使いください。消費期限1年間。


しっとりの秘密は、オリーブオイル。

オリーブオイルには不飽和脂肪酸であるオレイン酸が約80%含まれ、それがお肌を健やかにしてやさしく保湿してくれます。酸化しやすいと言われる不飽和脂肪酸の中でも酸化しにくいオレイン酸をたっぷり含むオリーブオイルは、手作り石けんのメインオイルとしてはうってつけ。食べても健康に良いオリーブオイルは、お肌の保護にもぴったりのオイルですね。

ご存知ですか?石けんの材料は油脂です。石けん作りの職人は、材料の油脂に非常にこだわります。例えば油脂全量をオリーブオイルにしても石けんを作ることはもちろん可能なのですが、それはしっとり洗い上がるものの泡立ちの良くないすぐに溶けてしまう石けんになります。そこで、かたい石けんになるパーム油、泡立ちの良い石けんになるパーム核油、さらに使い心地のためにひまし油をブレンドし、植物油だけで石けんに仕立てています。このオイルの特製を生かした数%単位の絶妙な配合比がクリーミーな泡や使い心地の違いとなる訳です。

手作り石けんは、やわらかく溶け崩れやいと敬遠されることもありますが、それは処方を工夫することにより改善できます。ツクツクの手作り石けんは、愛好家の方々が家で作るのと全く同じ方法で石けんを作りますが、長年の経験を生かした処方により、それほどやわらかくない使いやすい石けんにしています。

防腐剤・保存料・合成香料など一切不使用。

愛好家の方々が家で作るのと全く同じ方法で石けんを作っていますから、もちろん防腐剤・保存料などは一切使用しておりません。香りは、贅沢にもハーブなどの植物からいただいた天然100%のアロマテラピー用エッセンシャルオイルのみを使用していますので、合成香料も一切不使用です。

下部の全成分表示(ラベル内容)をご確認ください。石けん素地(石けんそのもの)はコールドプロセス製法により、その材料は油脂(オリーブオイル・パーム核油・パーム油・ひまし油)と、油脂を石けんに変化させるための水酸化ナトリウムと水です。添加物として、アロマテラピー用天然100%エッセンシャルオイル(スイートオレンジ・ラベンダー・・ゼラニウム・パチュリ)をたっぷりと使用。それ以外の材料は一切使用しておりません。つまり、お肌にやさしい石けん生地に、アロマテラピー用エッセンシャルオイルで香り付けしたものです。

コールドプロセス製法とは

コールドプロセス製法とは、低温製法のこと。熱をかけずに混合してじっくり熟成・乾燥させるため、大変手間のかかる作り方です。お肌にやさしい石けんの中でも、最もお肌のことを考えた製法と言えます。その製法の素晴らしさをご紹介します。

  1. 熱による素材の劣化が少ない
    40度~50度で材料を混合して型に入れてかためるので、デリケートな素材であっても熱により劣化することがなく、油脂に含まれる栄養成分等はそのまま石けんの中に残ります。
  2. 効果的な油脂配合
    一般的な市販石けんは牛脂やパーム油などが原料油脂です。手作りの場合にはオリーブオイルなど、肌のことや使い心地を一番に考えたきめ細かな油脂配合が可能です。
  3. 豊富に含まれるグリセリン
    一般的な市販石けんは、石けんの純度を上げるという名目でグリセリンが全て取り除かれています。一方コールドプロセス製法では、元々油脂に含まれている豊富なグリセリン分を、まるまる全部一緒にかためています。化粧水を手作りしたことがある人ならご存知と思いますが、グリセリンとは化粧水に必ず含まれている保湿成分。できあがった手作り石けんにはおよそ1割のグリセリンが含まれるためにやわらかい石けんではあるのですが、お肌を保湿しながら、汚れはしっかり落としながらも皮脂まで取り去らないようにしっとり洗い上げることができます。
  4. 油脂分も含まれます
    一般的な市販石けんは、まるまるすべて石けん成分であり、そこに香料や微量成分を練り込んだものです。一方、コールドプロセス製法では、数パーセントの油脂分が残るように水酸化ナトリウムの分量を少くして石けんを作ります。できあがってかたまった石けんには油脂分が残されているということは、油汚れと馴染みやすく、また、当然お肌を潤してもくれます。このようにお肌に油脂分が残るため、原料油脂もオリーブオイル等を使用することにより一層高い保湿効果を得ることができます。

皆さんにお届けしたいという想い

例えば家で作った無添加のお味噌や梅干しは、本当に安心で、びっくりするほど美味しく、心が温かくなりますよね。しかもそういうものは案外、作ってみると簡単なのですが、現代の方は忙しくなかなかそんな時間を取ることは難しいですね。

コールドプロセス製法の石けん作りも、いざやってみると難しいことではありません。その使い心地に感動して、自分や家族のために家で手作りする人も増えています。それでも材料を揃えたり1カ月以上の熟成・乾燥期間が必要であることなど、手間はかかります。また、季節を通して常に美しく均一な品質で作るためにはかなりの熟練を要します。

当店は15年以上手作り石けんと関わり研究し、手作り石けん教室で作り方を皆さんにお伝えしてきました。市場ではまだまだ少ないコールドプロセス製法の石けんの使い心地を一度体験したら、手放せなくなってしまう人がたくさんいらっしゃるということは今までたくさん経験してきました。コールドプロセス製法の石けんをもっとたくさんの方々にお届けしたい!こころあたたまる手作りの良さをお伝えしたい!という気持ちから、化粧品製造業・製造販売業の許可を取得し、皆さまのために心を込めてお作りしています。

石けんの使い方

石けんはいつでもよく泡立ててお使いください。

  • 洗顔の際は泡立てネットのご使用をおすすめします。
  • 浴用の際は、濡れたタオルや手ぬぐいに石けんをこすりつけ、よく泡立ててご使用ください。
  • 洗髪の際は、濡れた髪にくるくると石けんをこすりつけ、たっぷり泡立ててご使用ください。リンスはしなくても大丈夫ですが、気になる場合は洗面器1杯のお湯に50mlくらいのお酢または小さじ半分のクエン酸で髪をすすぐと、弱アルカリ性の石けん分を中和されてサラサラになります。
  • 溶け崩れやすいので、お湯やシャワーのかかるところに放置せず、水切れの良いソープディッシュをお使いください。
  • 弱アルカリ性の石けんは、目に入るとしみます。泡が目に入ってしまった場合は水でよくすすいでください。
  • 乾燥肌の方にはどんな洗剤・石けんでも使い過ぎはおすすめできません。手作り石けんはしっとり洗い上がりますが、お湯だけで洗う日も作るなど、皮膚を守っている皮脂を洗い落としすぎないようにする工夫も必要だと思います。